NIKON P340 革張り替え

NIKON P340の表革を張り替えました。

と言ってももともとP340の表面はプラスチックなので上から貼り付けましたと言った方が正しいのですが。







さて、下の写真のカメラは

画像

画像

私が初めて自分のお金で買ったキヤノンのA-1。

高校一年生の私には中古と言えど高額な買い物であり、甲子園の売り子と寿司屋のバイトを掛け持ちでようやく手に入れることができたため思い入れが強いカメラです。

で、ボディの張り革は購入後すぐに張り替えたもので、長年の使用で表面は毛羽立ち、特に右手の親指がかかる部分は黄色く変色してしまいました。

革の材質はピッグスキンで、当時いろんな革を検討した結果コレが薄くて柔らかくて曲線部分にフィットしそうだったので採用したように思います。

ピッグスキンは移植医療にも人工皮膚として用いられるくらいなので、人の肌と同じくらい柔らかいんです。

ただ、柔らかいが故にカッターナイフで細かい部分の加工をしようとすると、ブニュブニュっと伸びてしまって切りにくいです。






画像

画像

↑コレは1990年11月に販売されたミノルタのプロッド-20's

(※参照 http://www.yaotomi.co.jp/blog/used/2010/07/minolta-prod-20s-20ss.html )

付属のケースがたまたま手持ちのピッグスキンと同じような色、風合いだったため元々黒かった張り革を張り替えてみました。

このカメラは見た目アレですけど実際はオート撮影のみのコンパクトカメラなので、当時コンパクトカメラはコニカの現場監督を気に入って使っていたため殆ど使用せずに防湿庫のこやし状態でした。






画像

画像

で、最近購入したニコンのP340ですが、98kさんとwingさんがすでに同じようなカメラを使用していらっしゃるので見分けが付きやすいように革を張り替え(貼り付け)します。






画像

今回もピッグスキンを使います。

牛とか羊とか蛇とかいろいろ見てみましたが、やはり固いのと厚みが有るために革を張らない部分との段差が大きく目立ちそうなので不採用となりました。






画像

ベースとなる型紙を作ります。




まずは一番難しいレンズ廻りから。




画像

紙にレンズ部分をあてて鉛筆でなぞります。






画像

綺麗な円が描けました






画像

ボディのラインを描きます






画像

画像

ノギスで計っていますがそこまで丁寧にしなくても大丈夫です。

てゆうか、柔らかいピッグスキンは切断時にヨレヨレになって綺麗に切れないので、最後はテキトーになっちゃいます。






画像

画像

大まかな寸法取りができたら切り抜いて・・・






画像

レンズ廻りにあてがって上下が大きければ微調整、小さければやり直し。






画像

画像

細かいスイッチ類の部分をマーキング。






画像

画像


向かって右側の型紙が完成。






画像

画像

左側は少しやっかいです。






画像

グリップ部のふくらみを慎重に切り取り・・・






画像

ありゃ~

AF補助光はばっちりですがファンクションボタンがずれました・・・

面倒くさいのでこのまま作業を進めて実際の革への穴開けの時に修正します。






画像

左右の型紙が完成。






画像

画像

型紙からピッグスキンに転写してハサミとカッターで切り抜きます。

革がフニャフニャ柔らかくてすぐヨレるくせに力を入れてもなかなか切れないので大変です。






画像

なんとか切り出せました。






画像

カメラボディに接着する面に薄い両面テープを貼り付けてカメラボディへ貼り付けます。






完成!!

画像

画像

画像







画像

ついでにストラップもパラコードで自作してみました \(^▽^)/













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

98k
2014年11月09日 21:21
うーむ、自分で高度な工作ができるヒトはいいなあ・・・
かっこいいし、滑り止めとして最高ですね。
わたくしP330を買う前から、ニコンF2タイプのシボのある、
専用張り革をずっとお気に入りに入れてあるのですが、
未だに購入していません。
ええ、きれいに張れる自信がないので・・・(^_^;
でもつい最近、わたくしもひさしぶりに「自作」しました!!!
これから記事をアップしますね!!! あははは
red-bicycle
2014年11月10日 23:53
>98kさん

>>ニコンF2タイプのシボのある、専用張り革
たぶん貼り付けるだけなら簡単ですから(^^)
そのまんまP340にもいけそうですね、シボで色付きがあれば試してみたいところです。

で、何を自作されたのでしょう?
川端
2014年11月14日 07:40
おー、手触り良さそうですね。素敵(^^)b

ちなみに、もしコバ(革の側面)仕上げるワックスとかコート剤、染料(こげ茶)なんかがご入り用であれば、道具レンタル付きでお届け出来ますよ~
red-bicycle
2014年11月17日 18:28
>川端さん

まあねぇ、遠目に見ると素敵なんですけど、結構急いでばーっとやっちゃったもんで、細部を見たら今一だったり。
まあ一発目なんで失敗するつもりでサクサクやったらまあまあ見れるモノになったというのが真実だったりします。

暫くこのまんま使って、耐久性とかテストしてみますm(__)m

この記事へのトラックバック