ケンコー スコープアイピース

ええと、

フラッシュライトほどではありませんが我が家にはカメラ用のレンズがそこそこ沢山あります。





デジタル一眼レフカメラが本格的に普及し始めてからは子育てと時期的に重なってしまいキヤノン、ニコン、ペンタックス、ミノルタ、の各マウントレンズを数本づつと中判カメラのレンズを数本購入した程度ですが、マニュアルカメラ全盛の頃は一時期給料のほぼ全てを注ぎ込んでいたようなこともありました。

そのうちニコンやペンタックスはレンズマウントの基本形状が変わっていないのでたまにデジカメに取り付けて遊んでいます。



で、問題はキヤノンのレンズ。

私のカメラシステムのメインにしていたこともあって、Lレンズを中心にかなりの本数が手放せないでいます。

しかしキヤノンはマニュアルフォーカス機からオートフォーカス機になってマウント形状を変更してしまいました。

おかげで手持ちのFD及びNewFDレンズは活躍の場をなくしただけではなく、処分しようにも中古価格が下落してしまい、仕方なく防湿庫のなかで塩漬けとなってしまいました。

そんなキャノンFDマウントですが、最近なにやらまた見直されてきているようです。

というのもフランジバックの短いミラーレス機だとマウント変換アダプターを介して取り付ける場合でも補正光学系のレンズ無しで使用出来るのです。

実際に使用したことがないので画質等はわかりませんが・・・

そんな情報を仕入れてからミラーレス機への物欲が高まってしょうがない今日この頃。

でも今はそう簡単にカメラを買える状況ではないのでなんとか我慢しているのですが、その代わりにFDマウントレンズを有効利用してやるためにこんなモノを入手してみました。






画像

ケンコー スコープアイピース




コレは簡単に言うとカメラ用レンズに取り付けてカメラ用レンズを望遠鏡にしてしまうアダプターです。

↑の写真の銀色の部分がキャノンFDマウントのカメラ側と同形状になっているのでキャノンFDマウントであれば純正FDレンズでなくてもトキナーやタムロンやテフノンなどの懐かしいレンズも装着可能。

このマウント部分は他にもニコンマウントがあったのは覚えています。





画像

画像

画像

私が購入した個体は内部のレンズに少し染みのようなものが有りましたがそのぶん安かったので納得して買いました。

ちなみにこのスコープアイピースをレンズに装着した場合、

レンズの焦点距離/10= 倍率 となります。

たとえば 焦点距離50㎜ のレンズに装着した場合は5倍になるということですね。

私、単眼境や望遠鏡の『 ○倍 』って表現はあまり好きではありませんが。






画像

画像

画像

画像

New-FD50㎜に装着してみました。

アポロ司令船 を思い出すのは年代でしょうか (^▽^;)

これで接眼レンズ側からのぞき込むとちゃんと正立像として見えます。

内部はおそらく正立プリズム型ではなく正立レンズが使用されているのでしょう、ばらしてみないことには分かりませんが。





年代物だしかなりのバーゲンプライスだったので過大な期待はしていませんけど、良いレンズと組み合わせればそれなりの画質は楽しめるでしょう。

これから空気が澄んでくる季節、夜空を見るのが楽しみです。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

肥後ノ守
2013年11月17日 20:58
こんにちは

このアイピースは以前小生も所有していて登山で野鳥とかを見るのに
使っていました
しかしアホな事ですが、後になって持っている一眼レフで
そのまま見れば良い事に気づき使わなくなりました(^^

双眼鏡とかの「○倍」という表記が嫌いなの、分かります
特にKenkoの双眼鏡とかは対物レンズ径が20mm程度なのに
120倍とかいう素人のミスリードを誘う広告が多いですよね
red-bicycle
2013年11月18日 13:03
>肥後ノ守さん

今となっては使わない(使えない)FDマウントレンズをなんとか利用出来ないかと考えた末に思いついたのがこのスコープアイピースでした。
もちろん私も昔は一眼レフ+300㎜レンズにテレコンを二つ装着して1200㎜とかってやってました(^_^)
そこまでやると土星に輪があるのがなんとな~く確認できるんです。
ちなみに最近Kenkoがまた新製品でこのテのものを販売しているようです。

でもやっぱり一眼レフ用レンズって重いし何かと気を遣うので、安い望遠鏡が欲しいですね。
98k
2013年11月18日 23:11
わたくしはキャノンのレンズもニコンのレンズも、
手元に残ってるのは大昔の3本ずつです。
6×6判用とかもとっくに処分したし・・・
明るい望遠鏡になるとゆーのは面白そうですね。
ま、可倒式露出計連動レバーが付いて、
非AIのニッコールレンズも使えるという、
ニコンのDfが出たわけなんですが・・・
やはりこんなのを探すほうが(経済的には)無難ですね。
ちなみにわたくしは、もっと経済的に、こんなのを入手しました。
ttp://98k.dreamlog.jp/archives/51809292.html
red-bicycle
2013年11月19日 00:25
>98kさん

古い資産を活用するのにちょうどよいかと思い購入しました。
ただやっぱり専用の望遠鏡と比べるとカメラ用レンズって構成枚数が多いので重いんですよね。
明るい長玉となると支える三脚もそれなりのものを用意することになるし、それらを持って移動するとなると結構大変です。

>>ニコンのDf
ああコレは・・・素直に欲しいですが高くて買えない。
ボディ内手振れ補正があったら完璧だったのになぁとか、背面のデザインが今時っぽいなぁとか欠点を見つけて自制しています。
そのうちキヤノンもA-1Dとか出したりするのでしょうか?
alaris540
2013年11月21日 12:33
20年前、望遠鏡ショップからカメラレンズへ望遠鏡のアイピースをあてがうアダプターが出ていたのを思い出しました。当時の上司は何とPENTAX 67用を自作、400mmF4 ED(IF)+ナグラーで観る星はもう艶やか!自分の持ってきた宮内の10㎝双眼鏡を谷底へ投げ捨てたくなる程でした。
red-bicycle
2013年11月22日 00:48
>alaris540さん

カメラ用のレンズはコーティングやなんやらとやっぱり良く出来てますからね。
ただし補正光学系が多すぎるとやたら重たくなってしまうので、本格的に撮りたいとかじゃなければ素直に安物の望遠鏡がいいなあ・・・なんてね。
結構自分の中で盛り上がっちゃってるので心配です。
まあ買っても置く場所が無いんですけどね、ライトが溢れかえってて。

この記事へのトラックバック