小豆島ツーリング

暑さ寒さも彼岸まで・・・・





フゥ、もうしばらくは暑いのか (; ̄ー ̄A




暑い上にクソ忙しい今日この頃、

いやおそらく暇だったら暇で「なんでこんなに暑苦しいんだよぉ」ってことを・・・







で、大分まえ(先月)のことでありますが、

画像

オリーブで有名な小豆島へ日帰りツーリングに行ってきました。

早朝5時30分に姫路を出発し岡山県の日生からフェリーで小豆島の大部港へ渡り小豆島一周後に寒霞渓へ、その後福田港から姫路までフェリーで帰ったら丁度日没と、原二ツーリングにぴったりの距離です。

涼しい時期だと自転車でも一日で十分回りきれる島なのですが、当日はあまりの暑さと急な日焼けで疲労困憊でした。






画像

画像

画像

日生港からフェリーで約1時間。

私のエイプの後ろのバイクは一緒に行ったツーリング仲間のものです。

このバイク、フルサイズアメリカンに見えます(実際デカイ&重い)がなんとコレ、原付二種なんです。

マフラーが二本出てますけどエンジンは単気筒なので片方はダミー。






画像

画像


うーみよ~ ♪

おーれーのーうーみよ~ ♪




夏場に体力が落ちないように軽くトレーニングしたら胸から上がほんの少しビルドアップしまして、Tシャツが若干ぱっつんぱっつんです。






画像

いざ上陸






画像

大部港から少し東へ走ればもう南国気分。






画像

福田港






画像

南風台

望遠鏡があれば大鳴門橋が見える(らしい)






画像

画像

大角灯台への道は大雨による影響で通行止めでした。






画像

画像

岬の分教場






画像

画像

画像

地蔵埼燈台






画像

画像

画像

海が綺麗で気持ちよさそう・・・

って実際は暑くて大変でした。






画像

この時点で丁度お昼なんですが、ココまでTシャツだけで走っていて気がついたら日焼けで腕が真っ赤でした。

この後上着を着て走りましたが日焼けの痛さと暑さで参りました。






画像

画像

潮が引くとあらわれることで有名なエンジェルロード。

おっさん二人で行っても無意味ですけど・・・






画像

二十四の瞳・平和の群像は土庄港にありました。






画像

小豆島は香川県なので昼食はもちろんうどんです。






画像

土渕海峡

ココは川ではなくギネス公認の世界一狭い海峡なのです。






画像

小豆島大観音

淡路島にも似たようなのが・・・






画像

画像

画像

画像

画像

日本三大渓谷美の一つとも賞される寒霞渓(標高817m)。

ロープウェイ山頂駅(標高612m)で木陰を見つけて休憩。

木陰は涼しくて気持ちよく昼寝ができました。






画像

特に変わったところは・・・わかりません。

ふつーに美味しかったけどね。






画像

標高500m位だとおもいますが、朝から雲が多くて若干不安定な天気だったおかげで微妙な雲海が見れました。






画像

福田港-姫路間はフェリーで約1時間40分。






画像

もうすぐ日が暮れる頃、姫路港に到着。

遠くの山々と曇り空と海のコントラストが綺麗でした。







おまけ

画像

私の日焼けした腕のコントラストが痛々しい・・・












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

98k
2012年08月19日 22:37
福田港、とても懐かしいです。
学生時代の夏休みに2ヶ月ほど、
住み込みでキャディのバイトしてました。
夜は福田港へ釣りに出かけたものです。
で、ゴルフ場と泊ってた民宿とフェリーが、
同じ系列とかで、無断の島抜けは許さない、
バイトで稼いだ金はすべて島内で使わせる、
とゆー不文律があったようで・・・
そーいや福田にあったスナックでも、
「今日はいくら稼いだの?」と訊かれ、
その分、飲まされたよーな記憶が・・・
alaris540
2012年08月20日 10:25
>腕のコントラスト
私もなってます。
「薬品にでも曝したのか?」と言われた程。
red-bicycle
2012年08月21日 23:01
>98kさん

小豆島って普段は全く忘れてるのに数年おきにふと行きたくなるんです。
それはたぶん私も学生時代の思い出があるからなんだと思います。
それは中学卒業の思い出にと、オレンジ色の三角形のテント(くそ重いやつ)を自転車の荷台にくくり付け、エスビットと固形燃料と水と食料を背中に背負い・・・
あの頃と比べたら今は自転車もテントも軽くて高性能。
オマケにキャンプ場までは車で楽チン。
もう学生時代のような過酷なキャンプには戻れません
red-bicycle
2012年08月21日 23:44
>alaris540さん

もうね、
日焼けで痛いのは一週間ほどなんで毎年覚悟はしております。
10年ほど前からは日焼けあとにシミができるようになり、最近では日焼けあとにホクロができるようになりました

この記事へのトラックバック