ナイフ

過日の九州オフでお世話になったTOMOさんがタイベックシートをご所望だったため、お礼かたがた送らせて頂きました。

そうしたらそのお返しにと・・・





画像

画像

ナイフを送って下さいました <(_ _)>

タイベックシートについて少しでも知識のある方なら分かるでしょうが、

私、意図せずわらしべってしまいました。




このナイフが届いた日の夜、

嬉しくてジーっと見つめていたら、奥さんが一言「なにそれ!

そして娘は無言で私を凝視。

やっ、やばい。また買い物をしたと思われてる

こっこれはね、この前TOMOさんに送ってあげたタイベックってやつ、ほらぁあの紙みたいなやつのお返しにって送ってきてくださったんだよ

ふーん

ほっホントだよ

そっかー

ふぅー

お父さんってわらしべ長者みたーい

・・・・・う゛

(上記の話はノンフィクションです)





ええ、家族にもわらしべ長者として認定されました。





まあそんなことはおいといて (;^_^A



私、ナイフのことは素人なのでアレですが、それでもこのナイフが刃物として真面目に作られているってことは分かります。

それは例えば握ったときの感触だったり、刃を出し入れするときの感触だったり、ロックしたときのカッチリした遊びのなさだったりとか。

詳しい方なら多分そんなことは当たり前で、もっと他に材質とか形状とか語る部分があるのでしょうが正直今の私には分かりません。

でもそんなことは抜きに純粋に「コレいいなあ」ってのが私の感想です。

そういえば数年前、

初めてホムセンライト以外のいわゆる「ハイパワーLED」を搭載したライトを購入した時も同じような感覚でした。

そう、あれから私は・・・

深い沼に沈んでいったんですね (ノ_-。)





細かいことは語りません語れません、なんせ素人なもんで。

なので写真だけ。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像




コレはいいものだ!



画像

画像

画像




TOMOさん有り難うございました。

m(_ _)m





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

二日酔いの猫
2010年10月31日 12:22
九州オフで見せて頂いた内の一本ですね。
おみやげにどうぞって言われたんですが私も流石に手が出ませんでした。オソレオオクテ
赤チャリさんのイメージでTOMOさんがチョイスして送られたんでしょう。
そうかぁ「ナイフ沼」への案内人はTOMOさんなんですね。ズブズブ・・・・
red-bicycle
2010年10月31日 21:08
そうあのとき見せて頂いたものです。
私には勿体無いって声があちこちから聞こえてきそうで(^_^;)

>ナイフ沼
軽く足を突っ込む程度にしておかないと・・・
98k
2010年10月31日 21:11
でへへへ、わらしべ長者では先輩格の98kでぇす。
わたくしも、近々にわらしべ記事をアップしようと思ってたところなんですが、
そーですか、そちらはTOMOさんからナイフですか・・・
なかなかよさそう・・・って、わたくしも九州OFFで拝見してるはずなのですが、ぜーんぜん覚えてませんでした・・・
うーむ、これでいよいよ、キャンプ沼からナイフ沼へもずぶずぶと・・・
そう、じつはどちらも沼底でつながっているのであります。むひひひ

ところで、いいナイフとゆーのは、けっこう写真の題材になるんですよね。
角度やライティング、被写界深度などの工夫で面白い作品が撮れますね。
ぜひ、ひまぱのぱさんの過去記事なんぞも参考にされてみては・・・
red-bicycle
2010年10月31日 22:36
ライト沼からキャンプ沼、そしてナイフ沼・・・
いったいどれだけの沼が繋がっているのか w|;゚ロ゚|w

>工夫で面白い作品が・・・
ああやっぱり、手抜き写真がバレバレでしたか (;^_^A
今回に限らずブログの写真は「食卓の上、手持ち、」での撮影です・・・ってそんなんじゃ駄目なんでしょうけど凝りだすとイロイロ生活に不自由が生じるので。
一番の問題はもうスペースが無いって事でしょうか。
まあしかしそんなことは気合でカバーしなければいけないのかも。
つことで近々気合入れてチャレンジしてみますよ。
川端
2010年11月01日 08:38
>>例えば握ったときの感触だったり、刃を出し入れするときの感触だったり、ロックしたときのカッチリした遊びのなさだったり・・・

慧眼ですね(^^)

このナイフは、ベンチメイドというガチというか真面目なファクトリーのナイフ。

ググってみると、10300モノクロームってーモデルで、同社の販売分類だとレッドクラス(通称赤箱。汎用・実用系のカテゴリー)の良品らしいです。

嫉ましい(--)

ちなみに、
私はこの名前を知らなかったのですが、「N690」という表記はブレードの鋼材を示し、SUS410とか440とかと同じマルテンサイト系のステンレスで、サビに強く、比較的硬度と靭性を両立している(要はHRC57とかで硬いので刃付けすれば良く切れ、かつ比較的折れたり欠けたりしない)鋼材なのだとか。

個人的な見解ですが、ガンガンに使い倒すモノっぽいような気がします\(^^)
red-bicycle
2010年11月01日 19:28
>慧眼
それほどたいしたことではないですけど (;^ω^A
普段が中華ライト三昧な生活なので余計に感じるのかもしれません。
ナイフっていうとビクトリノックスくらいしか知らなかったので、このナイフを見たときもどれがメーカー名なのかさえ分からなかったくらいだし。

>レッドクラス(通称赤箱。汎用・実用系のカテゴリー)の良品
そいうのってなんか男の道具ってかんじがしていいですよねぇ。
予備知識無しで手にしたこのナイフの印象もそんな感じでした。

ガンガンに使い倒せるようになれればいいですが、とりあえずはコレで勉強させてもらいます。
TOMO
2010年11月02日 13:38
遅コメごめんなさい。
喜んでいただけたようで,,,,,(沼案内人)
>レッドクラス
ベンチメイドは、黒箱(タクティカルクラス)、青箱(高級品クラス)
赤箱(実用品クラス)の区別をしているようです。
このナイフのモデル名とグレードは、川端さんのご指摘の通りです。
実用品として、使いやすそうな大きさ、ライナーロックより頑丈な
フレームロック、それと刃の鋼材は研ぎやすそうなもの、と言うことで
これを選ばせていただきました。研ぎを繰り返しながら、使い倒して
くださいな。
red-bicycle
2010年11月02日 18:09
沼への御案内有り難うございました <(_ _)>
このベンチメイドを手にしたとき、その無駄のなさにハッとしました。
たぶん、ていうか確実に自分で選ぶより的確な選択だと思います。
ええ九州オフからこっち、いくつかのナイフショップのHPを見て回りましたが「をっ!」て思ったのは大概ヘンテコな形or不必要なギミックorハンドル部分のカラーリング。
何を買うにもそんな調子で大事な部分を疎かにしてしまいがち。
故にハズレをひくことが多々あるのです(;^_^A

>使い倒してくださいな
では遠慮無く使い倒させていただきます m(_ _)m


この記事へのトラックバック