Bicycle and Flashlight

アクセスカウンタ

zoom RSS OLIGHT S MINI BATON CU RAW

<<   作成日時 : 2017/12/26 02:26  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

小さい・軽い・明るいと三拍子そろったOLIGHT S1 BATONより、さらに小さいOlight S MINI BATON の CU RAW  を購入したのはもう一年近く前・・・



2016年冬の限定モデルをいまさら・・・だけど、このまま放置するのもアレなので2018年がくる前に開梱してみました。




画像

限定モデルらしくおしゃれなパッケージに収められています。

最近のスマホなどもこんなパッケージが増えましたね。




ちなみにこのパッケージ、

身の部分と蓋の隙間がキッチキチでなかなか空けることが出来ません。






画像

やっとのことで蓋を開けると、取説の入った黒い封筒が。

これまた折らずに取り出すのが大変でした。






画像

取説






画像

いよいよライト本体が、これもキッチキチにはまっております。






画像

黒い台紙の下になにか付属品があるのかとゴソゴソしてみましたが、なにも入ってないようです。







画像

テールキャップを開けるとCR123Aが入っていました。

コレが唯一の付属品です。

『S MINI BATON』のスイッチは物理的に電気の流れを遮断するものではないので、待機電流で放電してしまわないように黄色いビニールで保護されていました。






画像

電池はOLIGHTブランドのものが付属しています。






画像

箱から取り出した直後。
斜めになっていますが、真ん中を堺に右下側と左上側で艶があったり無かったり。

これはパッケージの中でスポンジに挟まれていた部分と空気に触れていた部分とで腐食の進み具合が違っていたのでしょう。

無垢の真鍮なので研磨剤でもつけてゴニョゴニョしてやれば均一な状態に戻せるはずですが、あえてこのままにしておくのも面白いかもしれません。

ちなみに左上の隅っこに削れたように見えるものは、固定していたスポンジが柔らかくなってこびり付いたもので、ゴシゴシと拭き取ったらすぐに除去できました。






画像

画像

画像

ライトの意匠は見慣れたOLIGHTの形そのもの。

S1 BATONより小さいとはいえ、ここまでくると大きな差ではないので、これで普通に黒いボディなら購入してはいなかったでしょう。






画像

左がS MINI BATONで右がS1 BATON

ベゼルやレンズなどの形状はS1 BATONと同じのようです。






画像

性能に関係ありませんが、S1 BATONではクリップがぐるぐると好きな位置まで廻るタイプだったものが、ボディの溝に合わせてはめ込むとスイッチと逆側にだけ収まるようになっています。






画像

ちょうどクリップの下に隠れる部分にシリアルナンバーが刻印されていました。

シリアルナンバーの下には小さく「2016」と・・・






画像

ボディは無塗装なのでテールキャップを緩めてもロックアウト出来ません。

電池を挿入したまま非常用袋などに仕舞って、いざというときに使おうと思ったら待機電流で放電してしまってたなんてことにならないように注意が必要です。






画像

ちなみに、S1 BATON はテールのねじ先端部分以外をTYPE3HA表面処理で保護しているために、少しテールキャップを緩めておくことでロックアウト状態にしておけるので待機電流の心配はありません。






画像

画像

スイッチ廻りのリングはたぶんステンレスの素地のままではないかと思います。

S1 BATON はブルーのPVDコートが綺麗ですね。

このS MINI BATONにもボディ表面の仕上げの違うモデルにブルーのPVDコートのベゼルが装着されたモデルが存在するのですが、真鍮やローズゴールドのボディにブルーのPVDコートがどうもちょっと浮いてるような違和感があったのであえてシルバーベゼルのコチラにを選んでいます。






画像

頑張って小型化したあおりでしょうか、S1 BATON ではテールキャップにあったストラップホールが無くなっています。






画像

それではマズいと思ったのか、クリップのレンズ側端に穴が二つ。

たぶんコレにストラップを通してぶら下げるための穴なのでしょう。

ちなみに私はストラップのあの弱々しい紐が不安なので、ストラップホールに二重鐶を通して、それにランヤードやカラビナ等を引っかけて運用するのがいつもスタイルなのですが、このクリップの二つの穴の位置では小さめの二重鐶では使い勝手が悪そうです。






画像

大きさ比較

左から、AW16340電池、S MINI BATON 、S1 BATON



ここまで小さいと手からポロッと落とさないか心配になります。





最後に、

画像

白い背景紙に照射してみました。

左がS1 BATONで右がS MINI BATONなのですが、

S MINI BATONてニュートラルホワイトだったっけ?



どこかで色温度高めとかなんとかって記事を見た覚えがあるような無いような・・・


謎です。


見た目だけでポチってるので正直なところまったく気にしていませんでした。




画像

画像

今度は黒い布に向かって照射してみました。

上がS1 BATONで下がS MINI BATONですが、なんだか良い加減のニュートラルホワイトっぽいような・・・






画像

配光は、まあ予想通りともうしましょうか、ほぼ同じ。

両者ともCREE XM-L2ですし、見た目で同じと思われるレンズを使用してるので違うわけがないですね。








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
OLIGHT S MINI BATON CU RAW  Bicycle and Flashlight/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる