Bicycle and Flashlight

アクセスカウンタ

zoom RSS Convoy S3

<<   作成日時 : 2016/11/11 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

わりと良く出来た中華ライトを購入しました




画像

画像

Convoy S3


XM - L2 T6 4C LED Flashlight - 7135 X 8 TITANIUM GREY - T6 (4C)

1000Lm 4300 - 4500K Waterproof ( 1 x 18650 Battery )




以前にwingさんがご購入されたのを見せて頂き、気に入ったのでwingさんが追加購入される際に便乗して私の分もお願いしていたものです。

滑り止めのナーリング加工以外に変な凸凹がなく、スッキリしたデザインがいいですね。






画像

スイッチブーツが大きめで押しやすい。

廻りが高くなっているので誤って点灯させてしまう危険性は低いでしょう。

また、低くなっている側へストラップの紐を逃がすことができるので、蝋燭立てにしても安定していました。






画像

画像

ベゼルもスッキリしています。

ただ、ベゼル部の蓄光Oリングと本体の色(TITANIUM GREY)が少し合わないかな。

wingさんに見せてもらった黒色の筐体だとそうでもなかったのですが、私のだと若干安っぽく感じます。






画像

ヘッド、ボディ、テールと三つに分かれます。

ネジの感触がナントカファイアみたいにジャリジャリしていないのがいいですね。

回すと適度な抵抗とともにニュルッとした感触が手に伝わって、高級ライトを弄くってるかのようです。






画像

ヘッド側






画像

テールスイッチ側




お値段のわりにはよく出来ています。

中華ライトで言えば、品質が安定していた頃の『Romisen』のような出来ですね。

(って、Romisen懐かしいなぁ。もう知らない人の方が多いかも・・・)






画像

テールキャップ内側

スイッチの固定方法は中華によくあるリングで固定する方式です。

まだバラしてないから何とも言えないけど、見た目には雑な感じはしません。






画像

ヘッド内も中華ライトでは良品のレベル。

コンバータは両面実装で、スプリングで電池のプラス側を受けるタイプ。

これだとボタントップではない電池でも使えるので助かります。





このライト、過日の「淡路島サイクリング」の時に受け取っていました。

あれからいろいろありまして、ちょっと気分が落ち込んでいてまったく弄くってなかったので明日の夜にでも屋外で試してみようと思ってます。

18650充電池を使用するので長めのランタイムが期待でき、凹凸のないデザインでサドルバッグに収納しやすそうなので、自転車の前照灯として良いかもしれません。

ただし、リフレクタが浅く拡散系の配光でしょうから、対向車(者)対策でフードを取り付けるなど工夫が必要でしょう。

また、テールスイッチちょい押しでロー、ミドル、ハイ、ストロボ、SOSと切り替えられるのですが、走行中の振動で瞬断して切り替わる恐れもあるので、シングルモードのコンバータに換装するほうがよいかもしれません。

幸いなことに簡単に具が取り出せそうなので、そのうちに適当なコンバータに換えてみようと思います。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Convoy S3 Bicycle and Flashlight/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる