Bicycle and Flashlight

アクセスカウンタ

zoom RSS MICHELIN LITHION.2

<<   作成日時 : 2016/09/01 23:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


ZUNOU号に履かせるタイヤを買った






画像

『MICHELIN LITHION.2』

今のところZUNOU号はポタリング専用マシンなので25Cを選択した。

23Cだとレッド、ダークグレー、イエロー ブルーの4色から選べるのだが、25Cはダークグレーのみ。

レッドかイエローが欲しかったが無いものはしょうがない。

重量は255gで23Cと比べると35g重いけど、ポタリング用なので乗り心地重視です。

耐久性、グリップ力、対パンク性、衝撃吸収性についての評価が良かったのと、以前からMICHELINを使っていたのでこのタイヤにしました。

ただ、ウェットではゆっくり走りたくなるレベルだそうです。

まあ基本的に雨天時は乗らないので無問題ですが、晴れた日でも峠などではチョロチョロと流れた水が路面を濡らしてることもあるので注意して走りましょう






画像

手持ちのチューブは23Cまで対応のものしかなかったので、25C対応のチューブも購入。

1本の価格が261円と激安でしたが、評価を見ても特に悪いこともなさそうなので多分大丈夫でしょう。






画像

画像

装着!

タイヤには「 5 BARS(73P.S.I.)min 〜 7 BARS(102P.S.I.)MAX」と表示されています。






いっぽう、パッケージには
画像

コレを見ると体重によっては 8 BARS(116P.S.I.)までOK見たいな?

ま、私の体重では 7 BARS(102P.S.I.)弱なのでタイヤ表記範囲内ですが。





まだ部屋の中で装着しただけなので、今度の休日に乗って感触を確かめたいとおもいます。

あそうそうこのタイヤ、ホイールに装着するのが硬くて大変と聞いていたので覚悟して作業しましたが確かに硬かったです。

なんとかタイヤレバーを使わずにはめ込むことができましたが、上のタイヤの写真を見ると分かるようにタイヤ表面が疎らに白くなりました。

コレはタイヤ表面に塗られている保護用のワックスが、何度も指の腹で押したために剥がれて取れたものです。

よく見るとリムに白いツブツブが付着しているのが分かりますね。

そのワックスのカスがカーペットにたくさん落ちてしまい、後の掃除が大変でした。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わたくしのルーベSL4も25Cでしたが、2017モデルでは26Cになってますね。
古いモデルは24Cだったようで、幅広化が進んでるんですかねえ・・・
で、空気圧のMAXは125PSI 8.6BARになってるんですが、体重に関係なく、
常にMAXにしておくべきなんでしょうか?
98k
2016/09/04 00:09
>98kさん

私の場合、23Cはキンキンに入れるのが好きなので、常にMAXまで入れて走ってますよ。
圧が低いと気持ち悪いんで。
でも25はせっかくなので適正空気圧で乗り心地を楽しむことにします。
どちらにせよ98kさんの体重だとほぼMAXに近いのではにでしょうか?

red-bicycle
2016/09/04 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
MICHELIN LITHION.2 Bicycle and Flashlight/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる