Bicycle and Flashlight

アクセスカウンタ

zoom RSS ペットボトルのドリンク

<<   作成日時 : 2015/07/20 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


今回は吸水について




98kさんとこでは スクィーズ・ボトルとかピーコックボトルとか吸水装備が充実しているみたいですね。




私はペットボトルを愛用しています。

6月中旬頃までは自販機で購入してボトルケージにさしておいたドリンクが徐々にぬるくなっても温かくなるまでには飲み干していました。

しかしこの暑さではすぐに温かくなってしまい、飲み干す頃にはホットスポーツドリンクに・・・

そこで今回は予め凍らせたドリンクを用意してみました。




画像

さらに今まではペットボトルを1本だけでしたが今回からは2本準備しました。






画像

左側はドリンクを半分だけ凍らせたものに冷えたドリンクを継ぎ足して満タンにしたもの。

水滴がポタポタと落ちるのを防ぐために百均で靴下状のペットボトルカバーを購入しました。

右側は中身すべてを凍らせたドリンクが入っています。

ペットボトルカバーは以前から使用しているものですが、ファスナーが壊れてしまって・・・

あっちこっちの百均に行って探しましたが、このてのペットボトルカバーは最近は見かけないですね。




どちらのペットボトルカバーも保温効果は期待できません。

今回は中身の凍らせ具合でどれくらいのあいだ冷たく飲めるかテストしてみます。





いつものように夢前川右岸を南下しR250を西へ、

ちなみに、今回は昼から妻の実家に行く用事があるため、いつもより早く午前8時頃に出発しました。


画像

道の駅『みつ』到着。

暑いのでノンビリ走って約50分、距離は20km弱。

半分凍らせたほうのドリンクは残り三分の一ほどで、すでに融けきって中身は「ギリギリ不快ではない」程度に生ぬるい状態です。

すべて凍らせたほうはまだ一口も飲んでいません。

確認すると少し凍った部分が残っていて、手で持っていると十分冷えているのがわかります。






画像

道の駅『あいおい白龍城』到着。

道の駅『みつ』からの距離は約14kmです。

半分凍らせたほうのすでに温かいドリンクの残りを飲み干す。

次いですべて凍らせたほうを飲んでみると、全て融けているものの適度に冷えた状態でした。

ここまで往路が約34kmですが、二本とも内側が銀箔シートになっているものを使えば常に冷えたドリンクを飲むことも可能かも。

ただ、そのてのペットボトルカバーは口を紐で縛るタイプだったり可愛い柄のだったりで購入を諦めました。

これ以上長距離or長時間冷たいドリンクを飲むためには、98kさんみたいにステンレスマグボトルを携行するしかないようです。




---------------------------------------------------------------


本日は「ショパン」がまだ開いていない時間だったので、

画像

一本満足の「チーズタルトバー」を補給食にもっていきました。






画像

背中のポケットに入れっぱなしでしたがチョコバーのように溶けることもなく食べやすいです。

食感はカロリーメイトのような感じでほんの少ししっとりしているかな。

味もカロリーメイトのチーズ味に似ていますが、こちらのほうは若干レアチーズっぽさがあって少し高級感が感じられます。





ベンチに座ってたべていたら、
画像

鳩に狙われます・・・









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペットボトルのドリンク Bicycle and Flashlight/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる