Bicycle and Flashlight

アクセスカウンタ

zoom RSS 兵庫県を縦断、城崎温泉まで

<<   作成日時 : 2015/06/17 06:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2



前記事の『田植え』と前後しますが、6月13日の土曜日に城崎温泉まで行ってきました





もともとこの日は98kさんに「犬鳴山、激坂ヒーヒーツーリング」に行きませんか?とお誘いを受けていたんですが、当日の仕事の都合がどうなるか読めなかったので辞退していました。

で当日の朝、仕事場には行ったんですが無情にも予定をキャンセルされてしまいまして結局暇に・・・

それから準備して車とばして犬鳴山で合流には微妙な時間になっていたので、単独で走る事にしました。

でもまるっきりノープランで、ってか何にも考えてなかったのでさてどうしよう?

とりあえず嫁さんに「5kほど貸して下さい」とお願いしたらすんなりOKだったので、ちょっと遠出することにしよう。

天気も良さそうだし、いつも海沿いを走ることが多いし、98kさんも今日はヒルクライムだってことだし、こっちも山に向かって走っていこう。

てことで単純に北へ向かっていくことにしました。

幸いにも帰りの電車賃は確保できたので、JRの姫路〜城之崎沿いに走れば疲れたら途中で輪行して帰れるんだし行けるところまで行ってみよう!







9時頃に出発してR312を北上。

前日の睡眠時間が三時間ほどだったせいか、若干のだるさはあるものの脚は普通に回る。

画像

一時間ちょいで神河町に到着。

それにしても背中の汗が凄い。

若干の登り基調だからなのかな?

この先のコンビニで水分補給とカロリー補給をしておこう。






画像

いろんな種類の『バー』があったので、嬉しくなって3本買ってみました。

この後は登りがきつくなるだろうから、糖分補給のためにスポーツドリンクではなくコーラにしました。






画像

バナナバー

普通に美味しいね。

てか、チョコ系のは暑さで溶け出して手も口の周りもネチョネチョ。

暑い季節は非チョコ系のが後始末が楽で良い。






画像

「円山川リバーサイドライン」の看板。

円山川は日本海側へ向かって北流している川なのでここらが分水嶺か?






画像

「生野峠」

ココを越えたら後は下り基調。

ここまで標高も勾配も大したことは無かったのだが、何故か異常なくらい発汗している。






画像

JR生野駅






画像

道の駅「あさご」






画像

朝来は『天空の城 竹田城跡』で有名ですね。

ただ、有名になりすぎて観光客が増えすぎたため、車で上まで行けなくなりました。






和田山市内を通過した辺りから少ししんどくなってきました。

といっても足が回らなくなったのではないので我慢して走ります。



画像

道の駅『やぶ』

ここで休憩を取ったときに背中の汗が止まっていることに気づきました。

少し手足が痺れてきてるので、軽い脱水症状のようです。

私、前にも経験があるのですが体質的に「激しい運動時の発汗量」に対して「吸水量(腸での水分吸収)」が足りないみたいです。

そのことは分かっていたので気をつけて、この日も常にスポーツドリンクを飲みながらの走行で、もうお腹がユルユルになりそうな程だったのですが生野峠での発汗量が多すぎたみたいです。

ま、寝不足で気温が高くて背中にリュックを背負って峠越えなんで、汗をかくのはあたりまえですが。






画像

画像

JR豊岡駅を過ぎて円山川の堤防にでたところでちょうど100q。






画像

あと残り少しなんですが、ここからは潮の香りの向かい風がきつくて一気にペースダウン。






画像

ようやく『城崎温泉駅』に到着。






画像

画像

画像

何度も訪れていますが自転車で来たのは初めてです。

この後、温泉にはいってサッパリする予定でした。

でも手足の痺れが酷くなってきたので温泉で汗をかくのは危険と判断し、日陰で水分補給しつつ休憩しました。





で少し落ち着いてから、

画像

せっかくなので海の幸を楽しむことに。

ま、後は輪行して帰るだけですし。






帰りは、

特急に乗らず、敢えて普通列車と快速を乗り継ぎで帰りました。

特急列車(電車ではない)のホームは観光客で賑わっていたので回避。

ローカルな路線の週末便は、普通列車のほうが輪行しやすいのです。

ただし、時間は倍かかりますが。


画像

一本目の列車。

車掌室のドアは開けっ放しで無人です。

平和です。






画像

三本目の列車。

人はいます。

平和です。






画像

画像

画像

画像

結局、乗り継ぎ3回で計4本の列車に乗って三時間強の列車旅でした。





帰宅後は、
画像

『善哉』で水分と糖分を補給しました。




本日の走行距離、約 112q(姫路〜城崎間 107.4q)









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
瀬戸内海から日本海まで分水嶺を越えて縦断100km!!!
いやあ、相変わらずお元気ですねえ・・・
こちらはヒルクライムを断念させ平坦路を27kmだけでした。
ちなみに同日、職場の後輩も伊丹の自宅から宮津まで片道157kmを走ったそうですが、こちらは急坂ばかりを選んで獲得標高は2333mだったとか・・・
まあ、次回は大和川をへらへらとご一緒しましょう!!!
98k
2015/06/17 22:38
>98kさん

いやまだまだ本調子には程遠いです。
最低でも今回の工程を往復できるようにしたいなと。
一年くらいかけて体を鍛える計画です。
ただ、やっぱり体力が落ちてきてるのは事実なので、
も少し楽に走れる自転車が欲しいなぁ・・・
red-bicycle
2015/06/22 00:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
兵庫県を縦断、城崎温泉まで Bicycle and Flashlight/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる