Bicycle and Flashlight

アクセスカウンタ

zoom RSS プレッシャースイッチ

<<   作成日時 : 2010/03/21 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は強風がひどくおまけに黄砂が気になったので、午前中にチョロッと走っただけでした(軟弱者です)

でも、だいぶん気温が上がってきてそろそろ夜ポタが快適なシーズン到来ですね。

そこで、夜ポタ用にMTBを夜仕様にしてみました。





さて、ライト以外に用意したものは

画像

↑ プレッシャースイッチ、DXで購入。

ライトのテールスイッチ部をコレと交換して、必要な時だけ手元操作でワンタッチで点灯させることが出来るというスグレモノ。

コレをハイビーム専用機として搭載し、もう一個常時点灯ライトと組み合わせて使用します。






画像

↑ スイッチ部

ココをペコッと押しているときだけ点灯します。

本来は銃をかまえている時に口で噛んで使用すると聞いたことがありますが本当かどうか分かりません。






画像

↑ テールキャップ部

構造は通常のスイッチパーツにコードが付いただけ。

中身だけ取り出して他のライトのスイッチと取り替えることも容易に出来そうです。






画像

自転車はあらかじめスピードメーターを前方に逃がしているのでハンドル上にライトを2本並べることが出来ます。






画像

ライト装着

向かって左が常時点灯用で右がハイビーム用。






画像

プレッシャースイッチはブレーキ・シフト操作の邪魔にならない場所に固定しました。






画像

横から見てもそんなにゴチャゴチャしていない・・・でしょ






画像

残念なことに造りは中華品質。

外装チューブが短くて電線が丸見え。

まあ今すぐ千切れることもなさそうですが。






画像

常時点灯用はUltrafire WF-502BにCREE MC-E + SolarForceのイエローレンズ。

色つきレンズで若干照度が落ちますが、それでもMC-Eのパワーで市街地なら30km/hでも路面の確認が出来ます。






画像

ハイビーム用はUltraFire C2 + SSC P7

MC-Eと併用することで真っ暗なCRでも安全に走行できます。

ただし、常時点けっぱなしは対向車(者)の迷惑なのでプレッシャースイッチで必要なときだけ点けるわけです。






では、

画像

↑ 常時点灯用






画像

↑ ハイビーム






画像

↑ 同時点灯


あまり明るく見えないのは真昼間に写真を撮ったからです。

逆に間口が開けっ放しのたいして暗くないガレージで撮ったわりにハッキリ写ったのでビックリしました。

まっ、写りどうのこうのではなく手元のワンタッチでこんな風に照らしますよっということで・・・・。






画像

漏れ光でスピードメーターの確認もOK。

これで快適な夜ポタの準備が整いました。

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Fenix HP10をヘルメットに載せているのですが、スイッチが小さいので操作が面倒です。同機に対応するワイヤレス版があったら便利そう♪手元で素早く高速点滅に切り替え、交差点でウィンカー点けずに右折してくる不埒なクルマに…なんてことを想像してしまいました。
alaris540
2010/03/23 12:03
>Fenix HP10をヘルメットに
それだとピンポイントで狙い撃ちできますね
ビーム!!(ノ・_-)☆*+:*+:*+:*+ なんてね。
無精な私は大光量でドッカーン!って方向に向かいました(ハイビームは対向者がいないときや不埒なクルマに対してだけです、もちろん)
頑張ってペコペコッと連射すれば中速点滅は可能です。
red-bicycle
2010/03/24 10:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
プレッシャースイッチ Bicycle and Flashlight/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる