Bicycle and Flashlight

アクセスカウンタ

zoom RSS 姫路モノレールを追って

<<   作成日時 : 2009/12/29 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今日は天気がよかった。

でも大掃除とかいろいろあってゆっくり走る時間がなかったので、姫路モノレール跡をポタリングしました。






画像

画像

JR姫路駅北側から西へ100メートルほど行くと現存する橋脚跡の最東部があります。

煙突のように見えるのがそれです。






画像

さらに西へ行くと軌道が残っています。






画像

よくこんなにギリギリに建てたもんだ。






画像

将軍橋手前で建物の中に!

しかもこの建物、軌道にあわせて微妙にカーブしています。






画像

将軍橋側で軌道が途切れる。






画像

将軍橋西側からまた軌道が続き






画像

船場川沿いに南下する。






画像

放置されていた月日の長さを感じます。






画像

新幹線の高架下をくぐり






画像

新しく高架化されたJR山陽本線・姫新線のところで途切れ






画像

その向こうからまた続き






画像

ここが現存する最も南側






画像

文化センターの交差点東側

最後の軌道だけはなぜかサビサビ。






画像

知らない人が見たら異様な光景です。

今となっては貴重な文化遺産と言えなくもない。

しかし、造るだけ造っといて撤去せずに放っておくのは行政の怠慢ではないのか。






画像

そしてここが終着駅、手柄山です。






画像

中央左下のアーチ部分に車両が入るようになっていたのでしょう。






画像

手柄山から見るモノレールの軌道

銀河鉄道999のよう






画像

駅舎上(現在は駐車場)から姫路城を望む






画像

駅舎南側

今見ても斬新です。

アントニオ・ガウディが万里の長城を設計したらこんな感じになったかも?






画像

手柄山名物の回転展望台。

内部は喫茶店になっていてゆっくりと回転しています。







●この手柄山の施設やモノレールは、その昔「姫路博覧会」があったときに造られたらしい。

そのときの市長が故石見元秀氏、そしてその子息の石見利勝氏が現在の姫路市長です。



手柄山の施設はいいとして、モノレール跡はこのまま放置するわけにもいかないでしょう。

そろそろ何とかしたほうがいいんじゃないのかな。

記念碑として残す部分はちゃんとした形で周辺整備をして残すとか・・・。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
これは!
車ではこんな風には見えないでしょう!
興味深いです。じっくりと見てしまいました。
ポタリングがよく分かりました。
自転車ならではの写真ですね〜。
それにしても・・・
撤去する¥が掛かりそうですね。

shenron
2009/12/30 10:16
おはようございます。
ポタリングしていると普段気づかないことを発見したりしていいですよー。
よく考えてみたら私もモノレール跡をじっくり観察するのは初めてでした。

今日は天気予報は雨になってるのにいい天気ですね。
わたしは嫁の実家で餅つきやってます。
red-bicycle
2009/12/30 10:58
来年はモノレール車両が公開されますね。

2009/12/30 16:43
モノレールの公開が楽しみです。
先月の見学会のニュースを見ましたが、レトロな車両がちゃんと保存されていたんですね。
軌道が撤去されているので走れないでしょうけど、動かなくてもいいので中に乗ってみたいですね。
red-bicycle
2009/12/30 19:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
姫路モノレールを追って Bicycle and Flashlight/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる