Bicycle and Flashlight

アクセスカウンタ

zoom RSS TOPEAK(トピーク)MTXビームラック その後

<<   作成日時 : 2009/11/26 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

TOPEAKのHP上の問い合わせフォームから不具合の対応をお願いしていた件についてメールで返事が来ました。

不良品・修理などの担当部署の方に詳細を説明しこちらで何とか出来るなら自分でやる、でも素人には無理ならばメーカーに送って不具合ヶ所の修正をしてもらおう。

そう思っていたのですが・・・・

以下のような内容のメールが来ました。


要約すると

●ビームラックとデュアルサイドフレームのどちらに原因があるのかの判断が難しい。
(ならばどうして詳しく聞こうとしないの?どちらに原因が有るにせよどっちともTOPEAKの製品なんだけど)


●商品を購入した販売店に見せて、そこからメーカーに連絡が有れば対応する。
(もしビームラックとデュアルサイドフレームを別々のところで通販で買っていたらそれぞれ往復の送料だけでデュアルサイドフレームがもう一個買えそうですが。今回は原因となったビームラックを他店で買っているにもかかわらずサイクルベースあさひさんのほうからメーカーへの対応をしますと言って頂いたので助かりました。)


●メーカーでは直接の補償請求は受付ません
(まるで私が損害賠償の請求をしたかのような言い方で、これには私もかなり立腹しています
私が問い合わせフォームに記入した文章は以下の通り。
『本日、手持ちのMTXビームラックに取り付けるためにMTXデュアルサイドフレームを購入しました。しかしビームラックの取り付け部分のサイズが合わない(一箇所だけ径が小さい)ので取り付けできません。早急に対応してください。』
以上、原文のまま。
補償しろとは一切言ってません。)


何故原文を掲載しないのかと言うと

「著作権は株式会社マルイ、またはその情報提供者に帰属するため、許可なく
掲載記事を転載できません」

と書かれていたからです。

相変わらず会社の所在地や連絡先、担当部署、担当者名などは一切書かれていません。

不具合を接直説明しようと思ってもその前にバッサリ切り捨てられた形です。

こんなことなら問い合わせフォームに事細かく書いておくべきだったのだろうか。



今回の件で分かったのは

@TOPEAKでは例え製造時の不具合があったとしてもユーザーからの修理依頼は受け付けない。ただし、販売店経由ならば対応する。

A上記のような危険性を考えるとTOPEAKの製品は近所のリアル店舗で購入しなければならない。別々の店舗、しかも遠方の場合はそれぞれの販売店に見せるだけで時間とお金がかかるのでその覚悟が必要。

BTOPEAKのHP上の問い合わせフォームはユーザーの声を聞く為のものではなく、「原因が分からない」・「メーカーに直接伝えても無駄」・「直接の補償請求をしても無駄」と言うことをユーザーに伝えるためのモノ。

Cメーカーの所在はハッキリさせない。

Dサイクルベースあさひは(私の近所の店舗だけしか知りませんが)ユーザーの立場にたって対応してくれる。


と言うこと。


それにしてもこのTOPEAKと言う会社は「補償請求」・「著作権」と何に対して過剰反応をしているのだろう。

自転車用品を販売することで裁判沙汰になることなんて滅多にないと思うのだが。





画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TOPEAK(トピーク)MTXビームラック その後 Bicycle and Flashlight/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる