Bicycle and Flashlight

アクセスカウンタ

zoom RSS しまなみ海道往復 その1 往路

<<   作成日時 : 2009/10/19 22:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちょうど1年前、初めてしまなみ海道を渡ったのですが今回は自力で往復してきました。

(前回の記事 http://red-bicycle.at.webry.info/200904/article_10.html


※今回は走りきる事でいっぱいいっぱいだろうと思い途中の景色等は殆ど撮らず。
通過時刻のメモ代わりに橋の上や休憩時に撮っただけですが、それでも70カットほどになりました。
自転車を止めて適当な位置に自転車を置き、カメラを取り出して撮影するのに約1分を要するとして合計1時間以上撮影に時間を費やしていることになります。
しかもそのたびにストップアンドゴーがあるわけで・・・
今回のように走り切るのが目的の、そこそこ距離のあるツーリングではいちいち写真を撮ってるのも考え物ですね。
冒頭でこんなこと言うのもナンですが、次回ここを走る時には出来れば一泊くらいしてゆっくり景色を撮りながら走りたいものです。




■2009年10月18日 尾道 〜 今治 〜 尾道 (尾道〜向島の間は渡船利用)

 ・ルート
  往路: 尾道〜向島(渡船)
      向島〜今治(自転車)
  復路: 今治〜向島(自転車)
      向島〜尾道(渡船)

 ・向島(渡船乗り場)出発時間 5時31分
 ・今治(サンライズ今治)到着時間 9時45分
 ・今治(サンライズ今治)出発時間 10時54分
 ・向島(渡船乗り場)到着時間 14時49分

 ・総走行距離 145.62 q
 ・走行時間  6時間48分 (撮影・休憩等の停止時間を除く)
 ・平均時速  21.3 q/h
 ・最高速度  45.0 q/h


画像

↑ 今回走ったルート。(大三島橋で撮影)

右側が本州で左側が四国で地図上の黄色い線が自転車・歩行者道。

今回はこのルート通りに走りました。(多分間違っていないハズ)






●前日、仕事を終えて帰宅後、食事をすませて荷物の準備をし、最後に風呂に入って目を覚ましてから車で出発。

昨年車を置いたのと同じ尾道駅前港湾駐車場に到着したのが午前2時頃。

しばらく車の中で仮眠をとろうとするが駐車場の明かりと向かいの新聞配達所の音で眠りにつけず。

しょうがないので4時半頃から車の廻りを散歩しながら買っておいた朝食を食べ、自転車の準備をした。

5時10分頃に渡船に乗って向島に渡り、船着場の先にあるバス停で写真を撮ったのが午前5時31分。

まだ暗い中をCree MC-Eで照らしながら走り出した。




画像

↑ 5時31分 船着き場近所のバス停。

いよいよスタート。出来れば明るい内に戻って来たい。




画像

↑ 最初に通過する因島大橋が見えてきた頃、ようやく夜が明けてきました。




画像

↑ 6時04分 因島大橋




画像

↑ 因島大橋だけは車道の下を走ります。




画像

↑ 生口橋手前




画像

↑ 6時52分 生口橋




画像

↑ 生口橋からの風景。




画像

↑ 生口橋の料金所。

それぞれの橋に料金所があるのでそこで料金箱にお金を入れます。朝が早くてサイクリングチケットが買えないのが分かっていたので小銭を大量に用意しておきました。

実際には百円硬貨3枚と五十円硬貨4枚で足ります。




画像

↑ 多々羅大橋




画像

↑ 多々羅大橋




画像

↑ 7時43分 多々羅大橋




画像

↑ 大三島にある多々羅しまなみ公園で休憩。

さっき走ってきた多々羅大橋が綺麗に見えるポイントに公園があります。

そろそろ暖かくなってきたのでここでジャージと長ズボンを脱ぎました。




画像

↑ 大三島橋




画像

↑ 8時20分 大三島橋




画像

↑ 伯方島にあるマリンオアシスはかた。




画像

↑ 8時36分 伯方・大島大橋




画像

↑ 大島の国道317号線の峠を登り切った先、石文化運動公園の近く。




画像

↑ もうすぐ往路最後の来島海峡大橋。




画像

↑ 9時30分 来島海峡大橋




画像

↑ 9時45分 今治(サンライズ糸山)到着




●往路はずーっと強烈な向かい風でサンライズ糸山に着いたときにはヘロヘロになってました。

特に最後の来島海峡大橋は他の橋と違って、今治方面に向かってずーっと上っていて距離も長いので辛かった。


画像

↑ サンライズ糸山から撮影。右側が尾道方面




ココまで頑張って来たものの、膝から上の筋肉が締め付けられる様に痛みます。

こんな状態で復路は大丈夫か!!!





その2に続く












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
しまなみ海道往復 その1 往路 Bicycle and Flashlight/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる