Bicycle and Flashlight

アクセスカウンタ

zoom RSS 自転車用尾灯(テールライト)

<<   作成日時 : 2009/06/06 09:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自転車で使うライトの話題はネット上で良く見ますが大抵は前照灯のこと。

では後部(テールライト)はどうしてます?

堅い話になりますが道路交通法第六十三条の九の2項では

「2 自転車の運転者は、夜間(第五十二条第1項後段の場合を含む。)、総理府令で定める基準に適合する反射器材を備えていない自転車を運転してはならない。ただし、第五十二条第1項前段の規定により尾灯をつけている場合は、この限りでない。」

となっており、反射器材の総理府令は道路交通法施行規則(反射器材)第九条の四で

「法第六十三条の九第二項の内閣府令で定める基準は、次に掲げるとおりとする。
一 自転車に備え付けられた場合において、夜間、後方百メートルの距離から道路運送車両の保安基準(昭和二十六年運輸省令第六十七号)第三十二条第一項の基準に適合する前照燈(第九条の十七において「前照燈」という。)で照射したときに、その反射光を照射位置から容易に確認できるものであること。
二 反射光の色は、橙色又は赤色であること。」

と規定されてます。



まあ他にも関係法令があるんですが、ここまでの範囲を簡単に言い換えると

「すごく反射する反射器か尾灯を点けといてね、赤っぽい色限定で」

と言うことですね。

でここまで調べて疑問に思ったことが一つ、尾灯について

点灯しておくのか或いは点滅でもよいのか

どっちなんでしょうね?

自動車の場合は点灯しているのでそれが正しいことは判りますが、点滅がダメとも書いてないし。

大手メーカーが販売している尾灯にも点滅機能のみというのがあるくらいなのでOKなのかなと思ってるんですけど。

個人的な意見を言わせてもらうならば

「適度なタイミング又はパターンで点滅している方が点灯しているよりも目立つ」

と思うのですが。

パワーがない(あまり明るくない)尾灯の場合は特に。





なんて前置きが長くなりましたがここからが本題。

自転車用に購入したフラッシュライトはたくさんありますが、尾灯も一個では満足出来ずに複数購入してしまいました。




『キャットアイSL−LD100R』
画像

画像

↑ ある意味定番?と思うのですが。ツーリングに出掛けたときに他の人がサドルバッグに付けているのをよく見ます。

たいていの自転車屋さんで購入することが出来る。購入価格は¥1500くらいだったと思います。

電池はCR2032を2個使用するため非常にコンパクト。

昼間は邪魔にならない大きさで付けっぱなしでも目立たず、しかし夜間は非常に明るく光ります。

小さな電池を使用しますが電池の持ちも良く、毎晩通勤で使用するのでもなければ1年以上は持つでしょう。

実際コレを購入してから3年経ちますが、他の数種類も使い回しで使用しているのでいまだ電池交換は一度もしていません。

一応ツーリング用のバッグの中には予備電池を入れてますが、CR2032はコンビニでも置いているので不意の電池切れでも安心です。

ヒモでぶら下げるだけなのでサドルバッグ以外にもサドルやウエストバッグ、ズボンのベルト等、取り付け場所に困ることが無い。

さらにマグネットスイッチの採用で防水性も高い。(ヒモの先の黒いプラスチックの中にマグネットが入っている)

しかしそのスイッチが唯一の欠点の原因になっている。

カバンの中などに入れておいた場合に意図せず本体とマグネットが接触し、勝手にスイッチが入っている場合があるのだ。




画像

↑ 対策としては上の写真のように大きな空間のある所には入れない。(余裕があると中で丸まって接触しやすいので)




画像

↑ ウエストバッグの小物入れスペースにまっすぐ入れておくと大丈夫。

ツーリングに出掛ける時は必ずコレを持っていきます。





『MiniLyghter Premium Quality 2-Mode LED Flashlight Keychain 』
画像

画像

↑ DXで購入(//www.dealextreme.com/details.dx/sku.13325)

3台の自転車それぞれに上のキャットアイSL−LD100Rを付けると高く付くし、かといっていちいち付け替えて使用していると付けているつもりで付け忘れる事がたびたびありました。(付け替えること自体は簡単なのでめんどくさい訳ではない)

でDXでたまたま見つけたこのライト、赤色と白色の2個セットで$2.8(送料込み・電池付)なので、車で予備電池を買いに行くより安いと思いポチッとしてしまいました。

上の「キャットアイSL−LD100R」よりはどちらかというと「ユニコ X-LITE AQUA II リア用 (//www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/unico/uxw-2.html)」あるいは「バイクガイ XR-6 (//www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/unico/rx6.html)」にコンセプトの近い商品です。

というかアイデアをパチッてるだけっぽいですが、この値段でしっかりと点灯・点滅切り替えができます。

値段なりの造りでちゃっちいですがLEDの輝度はかなり高く、尾灯としての機能は十分です。

雨がかかると一発で壊れてしまいそうですが、それはそれでいいんじゃないかと納得して使うものだと思います。

ゴムひも部分も少々頼りない(気がするだけか?)ので「ユニコ X-LITE用ラバーストラップ (//www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/unico/uxw1-strap.html)」を別途購入しました。




画像

↑ このようにカラビナを使用すればリュックやズボンのベルト通しなどどこでも引っかけられて便利です。





『Minilyghter 2-LED 3-Mode Tie-On Bike Light Keychains (White + Red 2-Keychain Set) 』
画像

画像

↑ コレもDXで購入(//www.dealextreme.com/details.dx/sku.16854)

赤いのが3つ必要だったけど上のと同じじゃおもしろくないのでコレも購入。

コンセプト・使い勝手・品質など上のとほぼ同等で、サイズが若干こちらの方が大きいです。

使用するLEDの数が2つということもあって十分明るく光り、点灯以外にも点滅(2パターン)させることができます。

コレもメインで使うモノではありませんが、予備としてサドルバックに入れておくには最適です。




画像

↑ 白色にはお約束の蓄光処理を施してます





『百均テールライト』
画像

↑ 百均の尾灯用ライトが数種類。

実はDXで同じようなモノが売ってたりしますが、日本の百均で買うほうが安いです。

しばらく前のことですがいっとき自転車通勤していたとき何種類か買いました。

その当時はフラッシュライトのことやDXの存在を知らなくて、前照灯にキャットアイのHL−EL500を買いましたが尾灯は百均で購入していました。

光らないということは今までありませんがやはり造りが甘いです。

よくトラブるのは下記の2点で

@ 付属のブラケットがぐらつく

  ブラケット部品の精度が悪くてブラケットにうまく固定出来ないモノや強度が不足しているために取り付けるとお辞儀してしまったり。まあ値段を考えるとそこまで期待してはいけませんが。

A 振動でライトのカバーが取れる

  走っているときに振動でカバーがすっ飛んでいった事が何度かありました。

  特に小型のモノはカバーの固定にネジを使っていないものが多いので要注意です。

  下の二つをよく見ると

画像

画像

↑ 左の四角いライトはカバーがネジで固定出来ます。しかし右の楕円形のライトはパチンとはめ込むだけです。当然百均のライトの精度ですからフタの開け閉めを繰り返すとすぐに甘くなり、振動で外れてどっかに行ってしまう。

  
百円なので知らないうちに飛んでっちゃっても別に良いんですが、車にひかれてバラバラのゴミになってるんじゃないかと思うと心が痛いです。

当然ここにあるモノ以外に数個が紛失及び破壊されてしまいました。





『ヘルメット』
画像

↑ この黒いヘルメット。 尾灯と関係あるのかっていわれると実は、



画像

↑ 後ろの調整ダイヤルを押すと


画像

↑ 光るんです。点灯、点滅切り替え出来ます。

これでツーリングに行ったときに尾灯を持っていくのを忘れても大丈夫、ヘルメットも忘れなければね。

高い位置で光るので被視認性もバツグンですが実際はあんまり使ってなかったりします。

なぜかって、

後頭部が光るのは結構恥ずかしいんですよ。





『サドルバッグ』
画像

↑ ヤフオクで買ったサドルバッグですがご想像の通りです。




画像

↑ ハイ 光ります。点灯、点滅切り替え式。

単三電池2本仕様なので不意の電池切れの時にも安心です。ただし防水機能はさほど期待出来ないということなのでポタリング用に使用しています。基本ツーリング以外は雨の日には走りません。

上のヘルメットとこのサドルバッグが有れば他のはいらない気もしますが・・・・・。























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自転車用尾灯(テールライト) Bicycle and Flashlight/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる