Bicycle and Flashlight

アクセスカウンタ

zoom RSS Ultrafire C2 & Pressure Switch

<<   作成日時 : 2009/06/02 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夜に自動車で走っていて遠いところを照らしたいときにはハイビームにして、対向車が来たときには迷惑にならないようにロービームに切り替えます。

自転車でもそんなかんじでワンタッチ切り替えが出来ればいいのに。

いつもは2本同時点灯でハイ&ローにしている訳ですが真っ暗なCRなどで前方から来た人にはハイビームはかなり迷惑だと思います。

なので今現在の「前から来たら消す」ではなく「必要なときだけワンタッチで切り替える」が理想でした。

まあそんなモノは探しても見つからなかったんですが、代わりにこんなモノを取り寄せてみました。





画像

↑ Ultrafire C2用Pressure Switch

コレをどうやって使うのかというと





画像

↑ 純正のテールスイッチを外して付け替えます。




画像

↑ よく見るとテールから出ているコードの黒い保護チューブが寸足らずで内部線の被覆が見えている、この辺りの雑さがシュアとの差。





画像

↑ スイッチを押すと点灯!(押している間だけ点灯)




このC2をハイビーム用にしてスイッチだけハンドルグリップの辺りに取り付けておけば必要な時だけ点けることが出来ます。

つまり普段はロービームで走り必要な時だけハイビームを点ける事が簡単に出来るわけです。

逆にハイビームを点けっぱなしには出来なくなりますが、現在メインで使っているWF−502Bは相当な照度があるためポタリングペースでは一灯で十分走れます。




で。

問題はコレをどの辺に取り付けるか・・・・













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Ultrafire C2 & Pressure Switch Bicycle and Flashlight/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる